大阪府羽曳野市の西向寺は420年以上の歴史を誇る浄土真宗本願寺派の寺院です。

住職ブログ

死ぬときはひとりぼっち。


ふだん、「死は怖くない。むしろ美しい」と思っていても、実際、死に臨めば、演技する余裕も意地もありません。

今まで頼りにしてきた金や財産、名誉や地位、家族、恋人、友人、そして、最も大切にしてきたこの肉体とさえも、別れねばなりません。

蓮如上人は次のようにおっしゃっています。

「まことに死せんときは、予てたのみおきつる妻子も財宝も、わが身には一つも相添うことあるべからず。されば死出の山路のすえ・三塗の大河をば、唯一人こそ行きなんずれ」
(御文章)

いよいよ死なねばならぬとなったら、どうでしょう。

「予てたのみおきつる妻子も財宝も」とは、「今まで頼りにし、あて力にしてきたすべてのもの」ということです。

私たちは何かを頼りにし、あて力にしなければ、生きてはいけません。夫は妻を、妻は夫をあて力にし、親は子供を、子供は親を頼りにしています。恋人や友人を心の支えにしている人もあります。

また、「これだけ預金があるから大丈夫」「不動産があるから安心だ」と、金や財産をあて力にしています。昇進した、教授だ、閣僚だ、難しい試験に合格したと、地位や名誉を力にしている人もあるでしょう。

これら一切、私たちがあて力にして生きているものすべては、死に直面した時、
「わが身には一つも相添うことあるべからず」。

積み上げた学問も思想も哲学も何一つ、明かりにはなりません。死の巌頭に立たされたときには、ニーチェもキルケゴールも、一切役に立たない。何もかもが力にならぬことに、初めてガク然とするのです。

「されば死出の山路のすえ・三塗の大河をば、唯一人こそ行きなんずれ」
“人間は最後、たった一人で真っ暗な後生へと旅立っていくのだよ”

咲き誇った花も必ず散る時が来る。すべての光を失って、暗い後生へと入っていかなければなりません。

ところが、そんな自覚もなく、のほほんと日々、生きている人ばかりです。

すべての人にとって、これ以上の大事はありませんから、これを「生死の一大事」とも、「後生の一大事」ともいわれます。

オススメの記事

お布施って何なのか?
生きることとは別れること〜浄土真宗の葬儀〜
近頃増加している家族葬とは。
お釈迦様のエピソード〜布施はした者が幸せになる
死ぬときはひとりぼっち。
光明輝くお浄土に必ず来なさいよ。
直葬(火葬式)の注意点とお願い。
布施は幸せの種まき。
浄土真宗で大事なお経は何ですかという質問がありました。
100%確実な未来=死


月間アーカイブ





寺院概要

寺院名

浄土真宗本願寺派
 西照山 西向寺

所在地

〒583-0846 大阪府羽曳野市東阪田245

連絡先

TEL&FAX:072-956-0063

住職

13代目 西林 広順(にしばやし こうじゅん)

開創

文禄3年(1594年)

交通アクセス

<電車の場合>

近鉄南大阪線(長野線)
喜志駅下車徒歩約15分(タクシー約5分)


<お車の場合>

南阪奈道、羽曳野ICより旧170号南へ約5分 西名阪道、藤井寺ICより170号南へ約15分


マップ

※本堂内に椅子、冷暖房、駐車場(約6台駐車可)完備。

どうぞお気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。