大阪府羽曳野市の西向寺は420年以上の歴史を誇る浄土真宗本願寺派の寺院です。

住職ブログ

極楽往生出来る人はどんな人?


阿弥陀仏に救われたことを、信心決定(しんじんけつじょう)ともいいます。

親鸞聖人が一生涯、教え勧められたことは、

「聖人一流の御勧化の趣は、信心をもって本とせられ候」
(御文章)

と言われているように、「早く信心決定せよ」ということ以外にありませんでした。

蓮如上人の願いもまた、一日も早く信心決定してもらいたい、の熱望一つであったことは、

「あわれあわれ、存命の中に皆々信心決定あれかしと朝夕思いはんべり」(御文章)

のご遺言で明らかです。

“命のあるうちに、すべての人が信心決定してもらいたい”と朝夕、願い続けていかれたのです。

なぜ、これほどまでに「信心決定せよ」と手に汗握って、お勧めになっているのでしょうか。

それは、死んで極楽往生できるのは、生きている今、信心決定した人だけだからです。

「真実の信心をえたる人のみ本願の実報土によく入ると知るべし」
(尊号真像銘文)

と、親鸞聖人が明言されているように、本願の実報土(阿弥陀仏の浄土)へ往けるのは、真実信心を獲ている人、すなわち信心決定している人のみであることをよく心得ていなければなりません。

だれでも彼でも死んだら極楽、死んだら仏、ではないのです。

蓮如上人も、

「この信心を獲得せずば、極楽には往生せず」
(『御文章』2帖目2通)

とハッキリと教えておられます。

信心獲得(しんじんぎゃくとく)とは、信心決定と同じ意味です。浄土真宗で教えられる信心は、自分で何かを信じ込む信心ではありません。ですから、「もっと深く信心しなさい」とか、「信心が足りませんよ」ということは、浄土真宗では決して言わないのです。

「獲得」とは、世間でも、優勝旗獲得と言われるように、それまで持っていなかったものを獲るから、「獲得」と言われるのです。自分で生み出したものや、初めから持っていたものを「獲得した」とは言いません。

阿弥陀仏から他力の信心を賜り(獲得し)、いつ死んでも極楽往生間違いなしの往生一定(おうじょういちじょう)の身に救い摂られたことを信心獲得といわれるのです。

オススメの記事

生きることとは別れること〜浄土真宗の葬儀〜
浄土真宗の葬儀の流れ〜逝去なされたらすべきこと。
南無阿弥陀仏にはどんな意味があるのか。
大阪 羽曳野市にある浄土真宗のお寺、西向寺です。
満中陰(四十九日)は三ヶ月に架かってはいけない?!
長生きの保証書なんてない。
西向寺の年間行事のご案内。
布施は幸せの種まき。
直葬(火葬式)の注意点とお願い。
大阪のお寺で墓地か納骨堂でお悩み、お探しの方へ。


月間アーカイブ





寺院概要

寺院名

浄土真宗本願寺派
 西照山 西向寺

所在地

〒583-0846 大阪府羽曳野市東阪田245

連絡先

TEL&FAX:072-956-0063

住職

13代目 西林 広順(にしばやし こうじゅん)

開創

文禄3年(1594年)

交通アクセス

<電車の場合>

近鉄南大阪線(長野線)
喜志駅下車徒歩約15分(タクシー約5分)


<お車の場合>

南阪奈道、羽曳野ICより旧170号南へ約5分 西名阪道、藤井寺ICより170号南へ約15分


マップ

※本堂内に椅子、冷暖房、駐車場(約6台駐車可)完備。

どうぞお気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。